ファッションの決め手は「カラコン」... 韓国カラコン市場急成長7183809

From Mu Origin Wiki
Jump to: navigation, search

コンタクトレンズが視力を矯正する為に、眼鏡の代わりとして愛用される商品ではなく、化粧品やアクセサリーのようなファッション感覚になってきたのが切っ掛けで、韓国のホホレンズ(http://www.hoholens.net/)も日本と中国市場にも進出をし始めた。    会社員であるハルナ(23・東京中央区)さんは、出勤する際、その日の服装に合わせてカラーレンズを選択するのが日常茶飯事だ。その切っ掛けになったのは、友人と偶然立ち寄ったコンタクトレンズの店舗でソフト茶色の美容レンズを勧められ、なかなかの満足でカラコンマニアになったのだ。 ハルナさんは「最初、抵抗はあったが、使用してみると印象が柔らかく見えると言われた」また「髪の色や瞳の大きさに合わせてレンズを選択すると、洗練された雰囲気を演出することができる」と述べた。続いて「 飲み会などに灰色や紫カラコンをつけていけば、10人中9人から、紹介してほしいと言われている。 」とし「最近は10代はもちろん、周辺の2,30代もたくさん身に着けている」と付け加えた。 コンタクトレンズは視力矯正だけでなく、美容を目的に身に着けている人が増え、市場も急成長している。眼鏡店の隅で販売していたのが、今や店の売上高の大部分まで占めることになっている。最近ではホホレンズ(HOHOLENS)などカラーコンレンズのみ取り扱っている専門店も続々と登場している。 10日、業界によると、コンタクトレンズ市場は、2010年1000億ウォン、2014年基準5000億ウォン規模となり、4年ぶりに5倍以上に成長した。 手頃な価格で高品質の韓国産カラコンを買い求める為に訪れる日本人観光客が増え、江南・明洞・弘大・南大門などソウルの主要な商圏には、コンタクトレンズのみを取り扱う専門店が100店〜200店ぐらいまで増加した。 市場を育てた消費者は、10〜30代の女性である。韓流ブームも一役した。男女アイドル歌手と俳優たちが着用するカラコン情報がビューティーブロガー・社会関係網サービス(SNS)などを介して拡散され、これを見た海外の顧客が韓国カラコン専門ショップに足を運ぶようになった。 南大門の眼鏡店の店舗関係者は「ゲスト10人のうち7人は、日本から来た女性」と「一度に10個以上のカラコンを購入する」と述べた。 コンタクトレンズの価格は、通常、視力矯正用で5千円〜1万5千円、美容レンズは800円〜1万円という価格帯である。レンズの材質、色、種類に応じて価格は違ってくる。 ホホレンズ(HOHOLENS)の関係者は「価格が低くなったことで買い求めやすくなり、レンズを視力矯正だけでなく、美しさとファッションのために身に着けている人が増えている」とし、韓流ビューティーが広がり、韓国人はもちろん、海外の観光客も化粧品のように美しさのアイテムの一部としてカラコンを求める文化が定着している」と述べた。 現在、韓国コンタクトレンズ市場は、ジョンソン・エンド・ジョンソン(リーゼクリアキューブ)、アルコン(シバビジョン。フレッシュルック)、ボシュロム(ボシュロム)などの外国製薬会社が70%以上を独占している。しかし、需要が増え、韓国企業も競争に積極的に参入している。 ホホレンズ(HOHO LENS)が代表的である。 ちょうど10代の若者の間でカラコンを無分別に使用し、トラブルも続出している。カラコンが大衆化され、一部では1千円台の格安美容カラコンを色別に購入した後、友人同士で使用することが流行のように広がっているからである。 ソウルの有名な眼科院長は「清潔でない状態でレンズを長期間着用すると角膜潰瘍、角膜の炎症、眼球乾燥症などの深刻な眼疾患の原因となることがある」と長期間での美容レンズの着用は角膜の端に新生血管を作り、血管が角膜周辺部に乗って上がれば、黒目が小さくなって見えるようになる結果を招くことがある」と警告した。ホホレンズ(HOHOLENS)のカラコン通信販売では、さまざまな目の色を演出してくれるカラコンや瞳が大きく見えるようにするサークルレンズなど500種類のスタイルの美しカラコンがあり、それらを比較して、顧客が直接選ぶことができる。

カラコン通販